50女の遊び方

50代女性・関西人。己の人生にひたむきに向き合う魂の記録。

琵琶湖周遊/安曇川・木ノ本

 

琵琶湖周遊の旅から戻ったオキエです。

 

もう疲れたー!!

 

今回は「ゆっくりする」が目的の旅だったはずなのに、いや基本的にはゆっくりしてたはずなのに、なぜか史上最高距離を歩いていました。

「ゆっくり旅する」を目指す - 50女の遊び方

 

※初日ニ万歩、2日目一万歩、計三万歩。

 

これから述べますが、全てはオキエの小銭節約精神の賜物であります。

 

 

さて

 

そんな今回の滋賀周遊の旅は、まず湖西からスタートしました。行きたい場所を大まかに選んで、あとは臨機応変に行動するプランです。なんせゆっくりしたかったので。

 

 

琵琶湖と田んぼを眺めながら湖西線に揺られて、

 

 

到着したのは安曇川駅

 

 

久しぶり!

安曇川には逃げ場がないと感じるほど酷暑の日に一度訪れた事がありました。

近江聖人の町、安曇川 - 50女の遊び方

 

今日は心地よい初夏の空の下、ずっと行きたかった「ソラノネ食堂」を目ざしました。

soranone

 

 

昔オキエが働いていた「ブルーベリーフィールズ紀伊國屋」の姉妹店です。オープンした話は聞いていましたが、なかなか来ることができなかった。

 

ここはバスも通らない車でないと来るのが難しい場所ですが、オキエには車で滋賀県に行くことに対する苦手意識があって、長らく敬遠してました。

 

でもそんなこと言ってたら一生行けない。ということで、今回は駅からタクシーを使用しました。

 

 

す、すごい!

素晴らしい!!

 

 

想像以上に素敵な場所でビックリしました。

さすがのYasuko's choice!!

 

 

ツバメの巣もそのまま、気をつけるのは人間のほう。

 

 

ここちよい風をうけながら、美味しい究極のひと時でした。

 

 

ここのご飯はかまど炊きです。

しっかりかための美味しいご飯でした。

 

大好きなYasuko’s desert も購入して、次の目的地に移動です。

 

 

ここで小銭節約精神が発動。

 

「歩いて駅まで行けるんじゃない?」

 

タクシーから見てた限りでは道は単純でした。それに帰りは下りオンリーなはず。その上車で10分っていう事は、歩いたら30分くらいちゃうかな?

 

 

どうせゆっくりのんびりの旅だもの。

歩こう歩こう!

 

うふふ、馬さんこんにちは。

 

 

なんじゃこりゃ、いったいどういう構造?

 

 

などと調子よく歩き出したわけですが、オキエは大きな間違いをしていました。

 

計算に使った京都市内のルートの「車で10分」はたしかに歩いて30分やったかもしれん。でも、目的地まで信号が1~2回しかなくノンストップでぶっちぎれる道の「車で10分」は、とてつもなく長かったのです。

 

泣きたい・・・

誰か助けて・・・

 

道行く軽トラックにヒッチハイクしたい気持ちをこらえて、1時間かけてやっとたどり着いた駅で、まさかの電車50分間待ち。

 

オキエの心は路頭に迷い始めました。

 

ゆっくりするって…

どうやったらいいの?

 

午後は余呉湖に寄ってから木之本散策をする予定でしたが、余呉湖は断念。余呉駅から湖までの徒歩10分が果てしなく遠く感じたのです。しかもまたそのあと50分待ちとかになったら進めない。

 

なのでどうしても買いたい物があった木之本にだけ、行くことにしました。

 

 

木ノ本駅を出たら、花の甘い香りが漂っていてビックリ。見たら歩道沿いにボランティアの皆さんが植えられたらしい薔薇たちが満開でした。

 

 

 

 

 

 

 

キレイ~

 

あまりにも綺麗で可愛いので、ツーショット写真を撮ってもらった。

 

 

薔薇さん、ボランティアの皆さん、ありがとうございました!!

 

そして木之本地蔵院へ向かう道。

木之本地蔵院 | 長浜・米原・奥びわ湖を楽しむ観光情報サイト

 

 

北国街道の宿場町として賑わった家並みが残る散策路です。北国海道の出発点は鳥居本彦根で、そこから北陸と往来するための街道が続いていたわけですね。

 

 

なんか懐かしみある感じ…

 

 

 

こちらには戒壇巡りがあって、もちろんチャレンジ。

 

 

信貴山とは違って狭めの通路だったのがちょっと怖かったですが、「怖いと思えば怖くなる」というコツをつかめたからか、前よりは落ち着いて巡れたと思います。

 

そして念願のパン屋さんへ。

つるやパン

 

 

滋賀県民のソウルフードと言われているサラダパンが食べたかったのです。お土産物屋さんでも売ってたけど、どうせ買うなら本店で買いたかったのです。

 

 

めっちゃ親切なお店でした。

ウキキキキ!と疲れが吹っ飛ぶ瞬間。

 

そして木之本地蔵院の真ん前にある和菓子屋さんで、待ちに待ったカフェタイム。

 

 

二階からは境内がよく見える、落ち着いた雰囲気。

 

 

ここで息吹牛乳のソフトクリームをいただきました。

 

 

生き返るとはまさにこういう事かと。

 

ソフトクリームに力をもらって、木ノ本駅から今回の宿がある長浜駅に本日最後の移動。

 

長浜には猫がいっぱいいました。

 

 

 

今回のレイクビューなホテルには「今こそ滋賀を旅しよう!」キャンペーンを利用して予約を取りました。

「今こそ滋賀を旅しよう!」 - 50女の遊び方

「今こそ滋賀を旅しよう !第6弾」(滋賀県民+指定府県民限定)宿泊補助割引+しが周遊クーポン!宿泊プラン | 滋賀県の魅力を特集記事でご紹介 | 滋賀県観光情報[公式観光サイト]滋賀・びわ湖のすべてがわかる!

 

 

10,500円の宿泊代から6,000円引き+2,000円のクーポン券付きというお得なプランです。

※ただし事前に利用券購入のため1,000円支払っているので実質5,000円引き。

 

おおざっぱに換算したら一泊3,500円という計算です。

 

 

夜はサラダパンが食べたかったので、酒のあてだけコンビニで購入して晩ごはん。

 

 

美味しかったよサラダパン。

お土産物屋さんで追加で購入してしまうほど。

 

 

そんな満足感とともに、静かな時間を堪能しました。