50女の遊び方

50代女性・関西人。己の人生にひたむきに向き合う魂の記録。

がん患者のキモチ

 

 

眠いオキエです。

 

昨夜は一般人風の十二鬼月に追いかけられる夢を見て怖くて叫んで目が覚めて、それから眠れませんでした。キレイで大きい宝石のペンダントを6個も盗まれた。返していただきたいです(現実では持ってないけど)

 

なので朝は二度寝をして、昼からは旦那が治療していただいている病院へ行きました。旦那の抗がん剤治療用器具の、家庭内における取り扱い方の講習を受けるためです。

 

f:id:okie50asobi:20211027213529j:plain

 

怖かった。

針を抜く瞬間がめちゃめちゃ怖かった。

 

でもがんばって慣れていきたいと思います。

 

それから、がん患者ケアの研究をしておられる先生たちから、研究のためのインタビューを受けました。以前から旦那が継続して受けているインタビューの一環ということで、今回は娘も一緒に、家族の意識や家族間のやり取りについての聴きとり調査という感じでした。

 

余談で、オキエが自分のがんについて「生きてる事への感動がどうしても強く出てきて、不安や恐怖があっても自然に消えてしまう。」という話をすると、そういう捉え方を聞いたのは初めてで驚いています、みたいに言われました。

 

そうなんや。

あんまりポピュラーな捉え方ではないんや。

 

まあオキエも今はそう思っているだけで一年後の事はわからないし、状況が変われば違う感想を持っていたと思います。

 

子供達が大人になって、やりたい事を一通りしてきて、旦那と落ち着くところに落ち着いた今この時だから、たまたまそう感じるだけではないかと思います。これからもし孫ができたり、新しい夢に出逢ったりしたら、またそこで違う感情が出てくるかもしれない。

 

ただ、がんになってすごく感じているのは、がんがあまりにも社会で深刻に特別扱いされている病気だという事です。

 

看護師さん達の気の配り方、優しい対応の心がけ方も半端なくて、オキエはそれを見てなんだか逆に怖くなりました。友人達の反応なんかも、こっちが心配するくらいショックを受けててビックリしたこともあります。

 

人間いつかは必ずみんな死ぬし、今はその半分の人ががんで死んでるのに、まだこんなに特別な病気扱いなんやな。と思うと、ちょっと不思議なんです。

 

もちろん気持ちはわかります。旦那のがんを聞いた時は私もそうでした。

 

でもね…

 

それ以外の病気もしんどそうやで。ダイレクトに死に結びつかない病気でも、抱えて生きる大変さは相当のものやと思うで。逆に年老いて動けなくなったまま生き続けるという並々ならぬ経験もつらいと思うで。

 

生まれた以上は誰でもどこかで死のきっかけと向き合う日が来るわけです。

 

なので「がん」も、50を過ぎたくらいから、人生に起こりうる様々な出来事のうちの一つとして、もう少しライトな存在になってもいいんじゃないかな?という気がしています。

 

あら「がん」なのね?くらいに。

 

社会全体がそういう気風になってきたら、一人一人のショックの受け方も少しは変わってくるような気がします。そしたらもっとニュートラルにこれからの人生に向き合えるかもしれん。

 

あくまでも勝手に個人的に、そういう気がしているだけの話ですけどね。

 

障害もLGBTや国籍、育った環境なんかも、「あらそうなのね。」くらいの感覚で捉えあえたら、もっと楽に息ができる社会になるように思うんだけどな。

 

昔、「真剣と深刻は違う」と教えてくれた人がいました。とっても衝撃を受けた記憶があります。その言葉が今のオキエの考え方の土台にあるのかもしれないです。

 

悲壮な深刻さを持たずに真摯に問題に取り組む姿勢は、これからも大事にしていきたいところです。

 

 

 

 

断捨離熱よ、もう一度

 

 

今日は職場に行って少しお手伝いして、久しぶりにN氏とランチをご一緒したオキエです。

 

職場の近くに新しく出来たお惣菜屋「waraji deli」さんの日替わり弁当。

https://www.instagram.com/waraji_deli/?hl=ja

 

f:id:okie50asobi:20211026234652j:plain

 

めっちゃNG(揚げ物とキムチ)食品入ってるけど、美味しくいただきました。

 

「少しずつならええねん。」

 

みたいな話をいろんな人から聞いたので、ええんです。面白い話だったのでここで紹介したいのですが、なんか今日は疲れちゃった。

 

なんせ帰ってご飯を作ってから、遅くまで旦那の荷物の荷解きをしてたので。台所用品や食器は分別して数を減らしたいけど、なんか捨てられへんねんなぁ。

 

2年前のリフォームの断捨離時にもう二度と物を増やさないと固く誓ったのに、増えたなぁ。

 

勢いよく捨てられたあの頃の自分を思い出さなくては。

 

 

でもその前に、今夜は寝よう。

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

抗がん剤治療なるもの

 

金沢の社宅から旦那の荷物が届いて、足の踏み場もないオキエ家です。

 

f:id:okie50asobi:20211025140910j:plain

 

荷物を運んでくださった旦那の仕事仲間の皆さんが良い人たち過ぎて泣きました。必ず元気になるので、どうかこれからも宜しくお願いします。

 

でも旦那は今日が抗がん剤の投薬開始日で、病院に行っていて留守でした。

 

旦那のすい臓がんは昨年見つかった時点でステージⅡでした。早期であったため患部を切除する手術をし、その後様子を見ていましたが、今年に入って近くのリンパへの転移が見つかったため、今月から静脈ポートによる抗がん剤治療が始まりました。

 

この治療法は、体内に埋め込まれたポートから48時間かけてゆっくり抗がん剤を体内に流しこむものです。なので一旦薬剤を装着したら、容器を首からぶら下げて好きに動けるので、自宅で自由に過ごせます。

 

でも、終了時の取り外しは家族らでやる事になっているので、今日はその行程のビデオを見て勉強をしました。

 

f:id:okie50asobi:20211025140925j:plain

 

近日中に病院に行って研修も受けます。

ドキドキするけどがんばってみたいと思います。

 

看護師さんになり切ってやってみたらええんちゃうかな。オキエもお世話になった看護師さん達のピュッてやってククっとやるやつ出来るの、ちょっとだけ楽しみかも。

 

ちなみにオキエの抗がん剤治療のほうは、点滴と服薬で行います(通院)

 

f:id:okie50asobi:20211025140941j:plain

 

「こんな冊子が出来ているくらい、今この治療を受けている方の数は多いんですよ。」と、先生がおっしゃっていました。

 

オキエの大腸がんは、肝臓にも転移していてステージⅣでした。

 

大腸の半分・肝臓の小さな一部とも無事切除して、今は腫瘍マーカーの数字も落ち着いていますが、どこにがん細胞の種がいらっしゃるかわからないから、抗がん剤でその芽をつんでおきましょう。というプロジェクトです。

 

場所や程度によって治療法も使われる薬も変わってくるみたいですね。

 

もちろん個人差はあると思いますが、副反応もそこまで恐れる事も無さそうな気がしています。いやわからんけど。遊ぶ予定いっぱい入れてるけど。

 

それと、気になる治療費ですが、オキエの療法だと一ヵ月で8~9万円くらいするっぽいです。

検査・治療にかかるおおまかな費用:がんナビ

 

ィィィィィ・・・( ;∀;)

 

これを知って初めて「やっぱり止めとこうかな」と思ったりもしましたが、高額療養費制度で限度額適用認定証を出してもらって、一ヵ月の支払い額に上限が設けられるので、なんとかなるかなぁ。それでも毎月57,600円は痛いですけど…早く仕事復帰しなきゃですけど…

治療にかかるお金が心配:がんナビ

 

でもありがたい事に、旦那も私も信頼できると思える良い先生に診てもらっていますので、なんとか乗り切れるようがんばっていきたいと思います。

 

節約も、がんばろう。

でも遊ぶ予定は譲らないけど。

 

今日のお昼は家にあった材料で蕎麦を作りました。

 

f:id:okie50asobi:20211025140959j:plain

 

ホッコリ美味しかった~

 

さぁ

 

今夜の旦那の食欲はどうかな~

 

また食べたいもの探しの旅が始まります。

 

 

 

 

のんびりの日曜日

 

 

毎日が日曜日のオキエです。

 

昨日金沢から旦那が帰って来たので、今日は二人で色々とお買い物をしてまわりました。

 

そして満場一致(二人)で決まった今日のおやつ。

 

f:id:okie50asobi:20211024150511j:plain

 

美味しゅうございました。

 

こちらは娘が作ってくれたグラタン。

 

f:id:okie50asobi:20211024150526j:plain

 

f:id:okie50asobi:20211024150543j:plain

 

野菜たっぷり、めちゃうまでした。

 

 

午後からは旦那と一緒にネットTV三昧しました。

 

めっちゃ面白かった「シンデレラ」

Amazon.co.jp: シンデレラを観る | Prime Video

 

f:id:okie50asobi:20211024150557j:plain

 

実写・現代版のシンデレラは、夢に生きる素敵な女性だった。すごく良いと思いました。

 

私が入院している間に、我が家はネットフィリックスだけじゃなくAmazonビデオもHuluも見れるようになっていて、ビックリ。家族がそれぞれで契約していたのを、みんなで見れるようにしてくれたみたいです。

 

この療養ライフの充実ぶりよ。

 

今日は「海賊とよばれた男」「かもめ食堂」を視聴。

 

かもめ食堂の世界観、好きだな~

 

 

明日は旦那の抗がん剤のサイクルの開始日なので、今日は良く食べよくのんびりできて良かった。またしばらくご飯が食べられないかもしれないけど、次ののんびり時間を楽しみにしながらがんばろうね。

 

 

 

久方ぶりの能勢/みちくさ

 

久しぶりに能勢町ドライブを楽しんだオキエです。

 

友人が行きたかった場所に連れて行ってくれました。冬・春に続いて、秋の「野間の大けやき」氏にもお会いできて感動。

黙食の古民家ランチ/能勢 - 50女の遊び方

春の野間と桜吹雪 - 50女の遊び方

 

f:id:okie50asobi:20211023171557j:plain

 

相変わらず神々しい。

 

葉が少し秋の色に染まっていました。

来年こそ夏に行けるといいなぁ。

 

今まで見た事無かったけど、今日はヤギもいました。

 

f:id:okie50asobi:20211023171620j:plain

 

友人BKのヤギのものまねが上手すぎてビックリしたのが本日のハイライトです。

 

資料館にも初めて入ってみました。友人KMは年輪に興味津々で、人それぞれ目のつけどころが違って面白いなぁ。

 

f:id:okie50asobi:20211023171643j:plain

 

そして楽しみにしていたランチタイムに突入!!

駐車場から気持ちのいい田舎道を歩く事、数分。

 

f:id:okie50asobi:20211023171709j:plain

 

前から一度行ってみたかった「農家民宿」さんにたどりつきました。

みちくさ能勢│農家民宿

 

f:id:okie50asobi:20211023171728j:plain

 

f:id:okie50asobi:20211023171753j:plain

 

広いお庭の古民家、めっちゃ素敵でした。

 

お席は中でも外でも選べましたが、今日はちょっと風が強かったのでお部屋の中でいただくことにしました。石窯で焼いたピザと、自家農園で栽培された野菜料理がバイキングでいただけます。

 

f:id:okie50asobi:20211023171807j:plain

 

素材を生かした味のおばんざい、美味しかった!

食べられるものだらけ~

 

f:id:okie50asobi:20211023171826j:plain

 

そして、メインのピザ。

一人二枚までオーダー出来て、2,200円です。

 

f:id:okie50asobi:20211023171849j:plain

 

まずは食事用に

納豆と味噌・生ハムとモッツアレラ・かぶとバジル

みたいなニュアンスのピザ。

 

f:id:okie50asobi:20211023171905j:plain

 

そしてデザートに

小豆・リンゴとはちみつ・柿とチーズ?

みたいな感じのピザ。

 

f:id:okie50asobi:20211023171924j:plain

 

取り分けて全種類いただきました。

 

f:id:okie50asobi:20211023171937j:plain

 

オキエが食べられる食材のメニューを選んでくれてありがとうやで。

 

お腹がはちきれそうになりながらいっぱい笑わせてもらったあとは、パン屋さんに行きました。野間の大けやきの向かい側にあるお店で、ランチ前に来た時に行列が出来ていたので気になって、後で行こうと約束していたのです。

能勢国産小麦薪窯パン|薪パン日々

 

f:id:okie50asobi:20211023172020j:plain

 

もう行列は無かった。

 

この石窯と薪で焼いたパンと言うわけです。

 

f:id:okie50asobi:20211023172046j:plain

 

いいねぇ~

 

お店も窯も全部手作りらしい。若い人たちのこういうチャレンジ、素晴らしいと思います。

 

オキエ達が行ったときにはもう食パンしか残っていませんでしたが、でも食パンだけでも買えてめっちゃラッキーでした。明日の朝が楽しみです。

 

f:id:okie50asobi:20211023185445j:plain

 

そして、最後に「ほんたき 山のカフェ」さんへ。

カフェのご案内|能勢妙見山 妙見宗総本山 本瀧寺

 

f:id:okie50asobi:20211023172108j:plain

 

鳥居をくぐって、「え、ここ車で走っていいの?」と思うような坂道をぐんぐん上ってたどり着きました。本瀧寺さんという妙見山のお寺の境内にあるカフェで、僧侶の皆さんで運営されています。

 

すごい上って来ただけあって、めちゃくちゃ絶景。

 

f:id:okie50asobi:20211023191053j:plain 

本当に天空にいるようでした。

 

f:id:okie50asobi:20211023172153j:plain

 

コーヒーが飲めないオキエは、一人だけゴージャスな抹茶オレを飲みました。だって仕方ないやん、コーヒー飲めないんやから。

 

KMが「抗がん剤で髪の毛が抜けた時のために」と、手作りの帽子をプレゼントしてくれて、もう嬉しくて言葉を失いました。抜けなくてもかぶっちゃうよ。

 

f:id:okie50asobi:20211023172215j:plain

 

そして家に帰ってからBKがくれた美味しいチョコレートを黙々と食べて、中性脂肪宣告を出した先生の顔を思い浮かべて「今日だけです、今日だけ」と一人小声で言い訳をしています。

 

f:id:okie50asobi:20211023172230j:plain

 

 

それにしても…

 

本当に能勢って活気があって、いろいろと面白い町です。

 

妙見山のご加護でしょうか。

豊能郡・歴史の中の祈りと一周年 - 50女の遊び方

それとも行政の長が優秀なのか?

 

来年こそ、葉が青々と生い茂る夏の大けやきさんに会いに行きたいと思います。

 

 

 

復活の日

 

先生から日常に戻る許可を得て、早速色々と予定を入れ始めているオキエです。

 

今日はエイミちゃんとランチを食べに行きました。

築100年古民家カフェ&宿泊「ノームカフェNo-mu」京都府亀岡市大井町並河 | 古民家・秘境・絶景の検索サイト

 

f:id:okie50asobi:20211022181618j:plain

 

近所に新しく出来た古民家カフェです。

前から目をつけていたのですが三度も満席でふられたので、今日も半ばあきらめ気味に見に行ったところ、なんと余裕で座れて念願が叶いました。

 

f:id:okie50asobi:20211022181630j:plain

 

ランチメニューの大半がカレー(食事制限NGメニュー)で、あてにしていたオープンサンドも売り切れで、唯一食べられそうなサラダプレートをオーダー。

 

f:id:okie50asobi:20211022181644j:plain

 

美味しくいただきました。

 

このあと繁忙期の職場に行って少しだけ手伝って、それからカーブスに行きました。

 

ヒサシブリノ!カーブス!!

 

最初は来月くらいからゆっくり行こうと思っていたのですが、昨日の先生の中性脂肪宣告にショックを受けすぎて、ちょっと焦り出しました。それに3年前筋トレを始める以前につき合っていた懐かしい膝の痛みがよみがえってきて、本当にヤバいので、復帰を早めることにしました。

 

懐かしい…

痛みだわ…

ずっと前に…

忘れていた…

By Seiko

 

毎朝この歌を歌いながら起き上がる切なさよ。

 

少しずつ動かせるところからコーチと相談して進めていくので、筋力さんにはなんとしてもお早めにご帰還いただきたいところでございます。

 

 

そんなこんなで...

 

お腹がすく一方です。

 

夜ご飯を食べた後、どうしてもホットケーキが食べたくなって、でも材料がないので仕方なく餃子の皮をトースターで焼いてシロップラカント)をかけて食べました。

 

f:id:okie50asobi:20211022193300j:plain

 

似て非なりの美味しさに満足いたしました。

 

ああ…

なんか私に帰って来たわ…

 

 

って感じの、今日の良き日です。

 

 

検診日に思う

 

 

お気に入りの「孫の手」が行方不明でちょっと残念なオキエです。

 

さて

 

今日は退院してから初めての検診日でした。

 

「すごい食べてはりますね。」

 

血液検査の結果を見た先生が開口一番におっしゃった言葉です。

 

中性脂肪がちょっと高くなっていました💦

コレステロールも若干お高め💦

 

数字で全部バレちゃうのね…

 

でも、それ以外は全ての数値が正常化していました。

 

貧血もほぼ回復、腫瘍マーカーの数値も正常値内。

 

f:id:okie50asobi:20211021165313j:plain

 

ちょっと一安心です。

 

切除した患部の組織検査の結果も、考えられる中で最善の状態でした。何もかもがギリギリのところで護られていて、私の身体には何回御礼を言っても足りないくらいの感謝です。

 

ご心配頂いている友人の皆さま、ひとまずご安心ください(^^

 

ふりかえれば

 

貧血で入院して大腸がんだという最初の診断が降りたその時に、みんなから本当に温かい言葉や思いを贈っていただきました。その一人一人の気持ちが私の笑顔になって、免疫力を高めてくれたと実感しています。

 

ありがとうございます。

 

その免疫力を維持しながら、抗がん剤治療も乗り越えたいと思います。

 

 

「免疫力」と言えば…で少し余談になりますが、

 

今回の手術前後に免疫力アップのために気をつけたことを、メモ書き程度に書き留めておきたいと思います。

 

オキエは病気の治療に関しては、100%現在の医学を信頼しています。迷いはありません。13歳の時に盲腸の腹膜炎で落としかかった命を救ってもらったから、というのもあります。今の医学が無ければ生きているはずの無い命が、どうしてその存在を疑えましょうか。

 

なので、現代医学を否定して代替される自然療法を受け入れる気はありません。それを勧めてくる友人がいたら嫌だなぁ。と思っていましたが、幸いそういう事はありませんでした。

 

けれども、現代医学での治療にしっかり取り組んだうえで、自然の力をもらって身体を応援する事は出来ると考えて、いくつか自分で考えて良いと思ったものを取り入れました。

 

まず最初に考えたのが「水」です。身体の60%が水で出来てるわけですから、より自然に近い良い水を飲んだ方が当然いいのではないか、と思いました。

 

この水さえ飲めば病気は全部治るとか宣伝されている高額の水には興味ありませんが、オキエが前に一度その水に触れて感動し、とても好きになった高野山麓の天然水(温泉水)を購入、継続して飲むことにしました。

橋本市・ゆの里 - 50女の遊び方

和歌山県・天然温泉「ゆの里」のお水「月のしずく」公式ホームページ

 

病院にも持って行って、毎日飲んでました。私の身体の水分の30%くらいはこの水になったのではないでしょうか。

 

そして抗がん作用があると言われている人参ジュースも、毎日飲み続けています。

 

f:id:okie50asobi:20211021175502j:plain

 

これは専門の本なども出ているくらい人気の高い療法のようですが、難しく考えて依存しだすと話がややこしくなりそうなので、詳しくは調べずに、ミキサーのレシピ通りに作ってみて、今はただ美味しいから続けています。

 

飲んだ瞬間の「生きてる~」っていう感じが、大好きなんです。今では家族みんなの大好きメニューです。

 

オキエのレシピ(一人分)

人参小 1本

りんご 1/4

セロリ お好みで(オキエは5㎝くらい)

レモン汁 少々

ラカント(シロップ) お好みで

水 200CC

 

 

そして、とにかく笑う事を大事にしています。

 

製薬会社に勤務している友人の友人が「どんな薬も笑う力には叶わない。」と言っていた、と聞いたこともあります。

 

術後はお腹の傷の痛みとの兼ね合いで苦労しましたが、こちらは病室でオキエを一番困らせた(笑わせた)動画です。

 

 

日々送られてくる友人達からのメッセージにも、笑顔にならざるを得ない状況を作っていただきました。

 

 

そしてこれは、マウイ島で海と大地と風の声を聴きながら暮らしているシャーマンのエディから「ぜひ読んでほしい」と勧められた本です。

 

f:id:okie50asobi:20211021165325j:plain

 

最近の眉唾スピリチュアルにはけっこうウンザリしているオキエですが、自然とひとつになって暮らしている本場のシャーマンのお勧めなら読んでみようかな。と思って購入しました。

 

こういう本を読む事で「がんばって喜ばなきゃ、でも癌が治らなかったら自分は喜べてないんだ、上手くいかないダメな人間なんだ。」という分断が出来てしまう事が一番喜ばしくないと思っているので、少し警戒しながら読み進めましたが、

 

著者もその事には深く留意をしていて、「癌が治るから良い、悪いでは決してない。治っても治らなくても、そのままで貴方は素晴らしいのだという事が伝えたい。」という趣旨の記述があったので、納得して最後まで読む事ができました。

 

同意できる部分はおおいにあったし、彼女の体験から私も安らぐような希望を見つけられたし、この本は確かに多くの人を励ますであろうと思いました。

 

ただ現代医療を否定的にとらえているような部分には共感できなかったし、過程や感じ方は本当に一人一人違うと思うので、手放しにお勧めもしません。ピンときた方は手に取ってみてはいかがでしょう、と思うくらいかな。

 

上手く言えないのですが…

 

オキエはがん宣告を受けてから、不思議とあらゆる恐怖から解放された感覚があるのですが、オキエが恐怖から解放されたのは、「死」という存在が見えたからなのです。

 

100歳まで生きなければならない、という発想のほうがオキエには苦痛でした。

 

「死」がすぐそこに見えたからこそ、「今」という時間の輝きが一気に広がって、世界を照らした、という感じです。上手く言えへんけど。

 

人の数だけ病との向き合い方があるのだと思います。

 

これからも、今考えられる全ての努力(無理なくできる範囲で)をして免疫力を高めながら、いっぱい笑って楽い事を考えて、ちゃんと身体と向き合っていたいと思います。

 

ということで!

 

先生の許可も下りたので、いろいろとスケジュールを埋めて行きたいと思います!!