50女の遊び方

50代女性・関西人。己の人生にひたむきに向き合う魂の記録。

吉野山

 

なぜか胃もたれしているオキエです。

  

ひとり旅、最終日の朝が来ました。

 

高野山山麓が生み出した神秘の水の宿、ゆの里「このの」

予約した時間に合わせて、名水と無農薬米を釜で炊き上げた朝ご飯からスタート。

 

f:id:okie50asobi:20180113203841j:plain

 

ご飯だけで食べても美味しいごはん!いや~。さわやかな朝だったな。

 

そして名残惜しいお湯と別れて、吉野へ。

まず吉野口駅近鉄に乗りかえるわけですが、同じ吉野口駅でもJRはICOCAが使えず、近鉄は使える。なんともはやビバ私鉄!!な気分で、吉野駅に到着。

 

f:id:okie50asobi:20180113211225j:plain

 

が。

 

f:id:okie50asobi:20180113211423j:plain

 

すごい雪~!!!

 

しかも吉野山行きケーブル運休~~~!!!

 

・・・・・・・・。

「さ、帰ろう。」

 

と一瞬思ったのですが、せっかく余分な電車賃を発生させてまで寄った吉野。なんか面白い情報が得られないかと聞き込みを兼ねてお茶屋さんへ入ることに。セコさは人生を切り開く。

 

お店に入ったものの、朝ごはんをいっぱい食べたので食事する気にはなれず、なにか軽くつまめるもので暖をとりたいな・・・と。お、私の好きなおしるこがある。

 

f:id:okie50asobi:20180113212131j:plain

 

寒い日のおしるこ、最高じゃないですか。あったまりました。

 

気のいいお店のおばちゃんが、なんとまた「ゆの里」のお湯のファンで、お湯の話で盛り上がること数分。

 

「ケーブル運休やけど、歩いても充分回れる距離やで。」と道を教えてくださり、歩いて登ってみることにした私。おしるこを食べている間に幸い雪もやんできて、ちょっとドキドキしながら出発することに。

 

f:id:okie50asobi:20180113212957j:plain

 

じゃあ世界遺産金峯山寺蔵王堂まで行ってみよう。

 

てくてくあるくこと数分。最初に遭遇したのは幣掛神社(しでかけじんじゃ)。

 

f:id:okie50asobi:20180113213707j:plain

 

こちらには水の神様が祀られていて、枯れることのない湧水が出続けているそうです。旅の人や修験者の喉の渇きを潤した、ありがたい水の神様に見とれること数分。ここから私は見事に道を反対に歩き出しました。

 

歩けど歩けど寂しい山道。吉野杉群が見事でしたが、さすがにおかしいと思ってヤフーマップを開いてみることに。あれだけ苦手意識のあった地図アプリ。命の危機を感じた時、人はちゃんと使いこなせるようになるもんなんですね。

 

マップに示された通り、道を戻って七曲り坂を延々と登ります。足元に気をつけて。

 

f:id:okie50asobi:20180113214748j:plain

 

それにしても。

 

いいながめだなぁ~。

 

そりゃみんな桜を見に来るわ。わかる。でも人混みが何より嫌いな私には、この雪桜が美しくありがたく楽しくて幸せでほんとうに来てよかった。歩いてよかった。

 

坂が終わると、そこはロープウェイの終着駅。そのあたりは店も多く、バスや車で来た観光客もけっこういて、一気ににぎやかに。

 

やっとお腹がすいてきたので、お昼ご飯をいただくことに。

 

f:id:okie50asobi:20180113215332j:plain

 

ちゃんと注文してから揚げてくださるてんぷら。本格的な美味しい天丼でした。ほこほこあったかくて。

 

そして目的地、世界遺産金峯山寺蔵王堂が見えてきて。

 

金峯山修験本宗 総本山金峯山寺

 

f:id:okie50asobi:20180113220515j:plain

 

おや?

 

デジャビュ―??

 

いやいやいや・・・。

 

私、見たことある。この景色・・・。

 

前世で?いや・・・

 

!!!

(目がちかちかするな)

 

今から35年前。高校の弓道部の合宿で、来たよ。来た来た!!

深い深い脳の奥の部分から記憶がよみがえってくる。

そうそうそうそうそう

「なんでこんなクソ坂道走らなあかんねん、だるっ。」と思いながら走っていた気持ちがよみがえってきた。仮病で休んで一日寝てた日もあった。痛い・・・。

 

あ―若いって痛い!!

 

口が裂けてもイマドキの若者批判などできないくらい充分にイマドキの若者だった私は子どもの友達から慕われる優しいいいおばちゃんになりました。

 

本当に面白い50代。

深い深い脳の奥底に眠っている記憶と偶然バッタリ再会できるドラマチックさに、感動する。

 

f:id:okie50asobi:20180113222248j:plain

 

日本寺内最古の建物、金峯山寺蔵王堂。

 

しかし、素晴らしい建物だなぁ。

 

日本最大の秘仏本尊、金剛蔵王大権現様のご開帳が3月31日から5月6日まであるそうです。うわぁ。行きたいなぁ。行こうかなぁ。桜が終わるころに。

 

ひとしきり感動した後は、右見ても左見ても売っている吉野名物の「葛」をいただこうと思い立ちました。

 

f:id:okie50asobi:20180113222945j:plain

 

嘉永四年創業の葛の店、八十吉さん。葛切りか、葛饅頭か。

 

お、私の好きなぜんざいががある。(デジャビュー・・・)

 

f:id:okie50asobi:20180113223212j:plain

 

葛のお餅、葛の汁で甘く炊いたあんこ。こりゃまた絶品で。あったまる~。

 

ここで豆知識。おしることぜんざい、関西ではこしあんはおしるこ、つぶあんがぜんざい、と分けられているそうです。そして汁気が全くないものを金時って言うんですって。

 

はぁ~。

 

これにて本日の奈良・吉野の旅、終了。

 

雪が固まってきた七曲り坂を注意深く下って、近鉄に乗って橿原神宮前で乗り換えて、京都まで帰りました。

 

ひとり旅・・・たのしい。

これははまるかも・・・。

 

 

ではでは、本日最終日の出費

 

宿泊費、一泊二食と昨夜のグラスワインで11,394円。

橋本から吉野口まではJRで410円、吉野口から吉野へは近鉄で380円。

帰り道は吉野から京都まで1,230円、京都からマイタウンまで410円。

交通費合計は2,430円。

天丼800円、おしるこ450円、ぜんざい700円。

吉野駅のコインロッカー300円。

 

本日の出費合計、16,074円。(お賽銭は別)

 

3日間の交通費合計は6,410円

これだけで海から山まで回れる 関西最高か!!

 

3日間の出費総合計は30,672円

節約班の目標であった出費一日約1万円を、なんとかギリギリクリア!!

 

やった~~~!!!

脳内節約班さんは、立派にお役目を終えられて、おやすみになりました。

 

 

 

イッヒヒ・・・。

 

せっかく京都駅に帰ってきたんだもの。

ずーーーっと前から食べたくて仕方のなかったアレを食べて帰ってもいいんじゃない?

だって改めて食べに来たらまた交通費もかかるし。

どうせ夕食も何か食べなあかんのやし。

ええやんええやん、食べちゃえ食べちゃえ!

 

f:id:okie50asobi:20180113231206j:plain

 

京都と言えばイノダコーヒー、イノダのビーフカツサンドイッチはそれはそれは美味しいのよ!!!

お値段は・・・もういいのいいの。節約班脳の中で寝ちゃったし。ホント美味しいし。贅沢班の最後の反乱。

 

ね。

 

 (そして最初の一行に戻る。)