50女の遊び方

50代女性・関西人。己の人生にひたむきに向き合う魂の記録。

心のまま・越畑

 

 

BGMはゆーみんの「心のまま」なオキエです。

 

 

本日、京都では葵祭が行われていました。

よって、今日のオキエのおでかけは、京都市内と真反対の方向へ。とりあえず車で心のまま走ってみようと思っているうちに、ある場所のことを思い出し、行ってみました。

 

「越畑」

美しい棚田で知られている、にほんの里100選に選ばれた田園風景です。

にほんの里100選

 

f:id:okie50asobi:20180515140256j:plain

 

f:id:okie50asobi:20180515140315j:plain

 

f:id:okie50asobi:20180515140331j:plain

 

まだ田植え前でした。

ちょっと早かったな~。

 

亀岡から越畑(京都市右京区)に向かう、渓谷を縫う細い山道を走りながら、昔「もう二度とこの道は走らない。」と決意したこと思い出しました。怖かった。でも、忘れっぽいのは素敵なことです。

 

そして、地域活性化のために地域の有志の皆さんで設立された、交流施設兼蕎麦屋の「越畑フレンドパークまつばら」さんでランチを食べようと思ったら、まさかの定休日

 

f:id:okie50asobi:20180515192529j:plain

business4.plala.or.jp

 

 

がぽーん。

 

「心のまま旅」の最大のリスクは、この「定休日」なのかもしれません。ここで、オキエの「意地」モードがスイッチオンになりました。

 

 

「今日はどうしても蕎麦が食べたい。」

※この時点で「心のまま」から離れて「執着」になっているのだが、その時の私は気づかない。

 

 

帰る道々、シナプスをフル活動させて近隣のお蕎麦屋さんを脳内検索、立ち寄ってみることにしました。あくまでも「心のまま」なので、ネットも見ない。

 

千代川「蕎食きむら」→定休日

東本梅「銀そば せいいち」→定休日

園部町「さか栄」→定休日 ※さか栄はうどん屋でした。

 

 

なんやねん。

火曜日は蕎麦食べたらあかんのかいな。

 

なので

 

色々さまよったけど、結局戻ってくるのはあなたのトコロ。

拓朗亭 – 京都府亀岡市の蕎麦の店「拓朗亭」

 

 

お馴染みの拓朗亭さんでいただくことにしました。

 

f:id:okie50asobi:20180515140410j:plain

 

ここもいい風景です。

 

 

特別な手法で揚げられたかすみ天ぷらのセット、コ―ヒーまで付いて2,400円。

 

f:id:okie50asobi:20180515140427j:plain

 

美味しいよ。

ほんとうに美味しい。

 

 

そして、おうちに帰ってからはとっておきのお菓子タイム。

道々で買ってきた、亀岡馬路町の朝日堂のもなか「丹波大納言」です。

 

f:id:okie50asobi:20180515140442j:plain

 

ホームページすら無い、昔からある小さいお菓子屋さんだけど、知る人ぞ知る和菓子の名店です。

 

f:id:okie50asobi:20180515192037j:plain

 

馬路の道を通ったら、オキエは必ず寄って買います。それくらい好き。私にとっては日本一美味しいもなか。

 

f:id:okie50asobi:20180515192109j:plain

 

ぜひ一度ご賞味ください。

 

 

さて

 

落ち着いて本日のオキエの行動を省みてみると、どうも「心のまま」というよりは「行き当たりばったり」だったような気がしています。

 

本当は美山まで行ってみたかったけど道が怖くて諦めてしまったり、どうしても気になっていることをついつい考えては「今」にいなかったり。

 


心のまま旅をする…

 

って、どうやるんだっけ。

 

なんだかここにきて、急に壁にぶつかった感じです。