50女の遊び方

50代女性・関西人。己の人生にひたむきに向き合う魂の記録。

身体と向き合う

 

 

昨日のナーバス、やっぱり風邪ひいて熱が出ていたオキエです。

温かい冬の服 - 50女の遊び方

 

朝から夕方までぐっすり寝たらちょっと身体が軽くなってて、起きて掃除したら汗がいっぱい出て、なんだかパワーが出て来た。

 

 

私は虚弱体質なのかな。

しょっちゅう風邪をひくし、熱が出る。

数えてみたら今年4回目の発熱だった。

 

やっぱり扁桃腺肥大がよくないのかな。

ひょっとして慢性扁桃炎っていうやつなのかな。

病院行った方がいいのかな。

 

さすがにちょっと考えてしまう。

 

今年の冬は「喉ケア対策」をがんばってみようかな。

扁桃腺のはれ予防法|扁桃腺のはれ、のどの痛みにハレナース|小林製薬

 

 

 

喉も含めて、色々と健康について考えないといけない時期なのかもしれません。今、五十肩も患っていて、左腕を後ろにちょっとでも回したら激痛が走る。

 

 

もう、お別れの時なのかもしれない。

 

f:id:okie50asobi:20191014232856j:plain

 

一生懸命育てた最強のマレフィセントドラゴン。

 

あかん・・・涙が出る。

 

でも、このツムツムに熱中している時間がどれほど私の首や肩に負担をかけているか、わかってる。

 

わかっているけど、辛い・・・

 

いや、毎日「ほどほど」にしといたらええんですけどね。この「ほどほど」が難しい。

 

あかん。

 

マレフィセントドラゴンが星影のワルツを歌ってる・・・

 

www.youtube.com

 

 

やっぱり無理。

ぜったい無理。

 

別れるくらいならがんばって「ほどほど」を実践しよう。そしてストレッチを研究しよう。

 

 

なんか・・・

 

元気回復して来た。

 

明日はどこかに美味しいものでも食べに行こうかな!!

 

 

 

 

 

 

 

温かい冬の服

 

 

誓いとは破られるためにあるものだと実感しているオキエです。

台風過ぎて、誓う - 50女の遊び方

 

カロリー消費どころか、今日は一日ほぼ寝てた。

 

風邪をひいたのか、あるいはあきらかになってくる関東・東北の台風被害に精神的ダメージを受けているのか、なんとも言えない重さ。

 

重力に引き込まれて起き上がれない感じ。

 

こんな時こそ元気に笑ってたい主義なんやけど。

 

宝塚では紅ゆずるさんが退団し、雪組全ツが初日を迎え、珠様は相変わらずかっこ良くて素敵で、ラグビーでは日本が勝利するというハッピーニュースが流れている中、トートとダンスしてるシシィみたいな気分です。

 

 

昨夜は二人の小学生の女の子を養子に迎え入れる夢を見ました。

 

上の女の子は朝月希和ちゃんそっくりで、「冬の服が無い。」と言って泣いているので、「なぜ早く言わないの。冬の服、明日買いに行こう。あったかい服、買おうね。」と言って、一緒に笑っていました。

 

 

なんだかその夢が頭を離れず、泣けてくる。

 

 

まぁとりあえず・・・

 

明日は朝一タカニュで紅さん&だいもんパワーをわけてもらって、冬支度を始めよう。

 

 

 

 

 

 

台風過ぎて、誓う

 

 

台風は過ぎ去ったものの、まだ少し雨も風も残っている京都からオキエです。

 

東のほうでは川の氾濫が相次いでいるようですね。

 

typhoon.yahoo.co.jp

 

f:id:okie50asobi:20191012235408j:plain

 

川の氾濫に対する懸念は、京都や亀岡にも相当なものがあります。河川氾濫・危険地域にお住いの皆さんは不安な夜を過ごされる事とお察しいたします。

 

どうぞ、ご無事で。

 

 

オキエはと言えば、一条ゆかり先生のおかげであっと言う間に一日が過ぎて行きました。

 

okie50asobi.hatenablog.com

 

先日古本屋さんで大人買いした漫画「プライド」、女同士のドロドロとした見事な闘いのお話で、ドキドキハラハラしすぎて台風へのドキドキハラハラが薄れて助かった。

 

久しぶりにガッツリ良い漫画を読んだ充実感に満たされています。

 

楽しかった~

 

 

明日は家の中にしまい込んだ外回りのものを元に戻してから、大掃除に励もう。

 

 

うん。

 

 

カロリー消費、がんばろう。

 

okie50asobi.hatenablog.com

 

 

 

 

 

台風の恐ろしさ

 

何かを間違えてしまったオキエです。

 

f:id:okie50asobi:20191011230817j:plain

 

台風に備えてお買い物に行きましたが、あきらかに購入した食品の比率がおかしい。

 

「被災中は甘いものなどのお菓子が心の拠り所になるから。」と思ってカゴに入れて行っただけなんやけど・・・

 

拠り所が多すぎた。

 

どんだけ拠り所が必要やねん。

 

 

娘にも、「何日家にこもる気なん。」と言われてしまいました。

 

が、娘も「何日家にこもる気なん。」と言いたくなる量のお酒とおつまみを購入していました。

 

 

似たもの親子・・・

 

 

「まぁ、台風だからね。」

 

 

この言葉の魔法で逆に油断が生じている。

 

娘の買って来たおつまみが美味しくて、さっそく今日の夜の10時にバリバリ食べてしまった。

 

 

 

「まぁ、台風だからね。」

 

 

なんで台風やと夜10時におつまみをバリバリ食べることが許されるんや。

 

 

わからん・・・

 

 

台風、別の意味でも恐ろしすぎる。

 

 

明日は心を入れかえて、ダイエット面でも気を引き締めて、楽しく引きこもりの一日をすごしたいと思います!!

 

 

 

でも・・・自信はない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

古本メモリーズ

 

また新たな防災グッズを購入したオキエです。

 

マンガ。

 

f:id:okie50asobi:20191010182905j:plain

 

プライド 1 (クイーンズコミックス)

プライド 1 (クイーンズコミックス)

 

 

仕事の待ち時間に立ち寄った古本屋さんでゲットしました。

 

古本市場太秦安井店で、一冊80円、しかも10冊以上買ったらさらに30%オフという破格値で購入。

 

6巻だけ無いけど。

※明日、近所のBOOKOFFに探しに行ってみよう。

 

これで台風に閉じ込められる予定の土曜日を、楽しく過ごせるはずです。

 

 

古本屋さん、子供たちが学生の頃は毎日のようにみんなで行っていましたが、最近は老眼なのもあって本自体をあまり読まなくなったので、めっきりご無沙汰でした。

 

断捨離意識も高まって、もう本は普通に本屋さんでちゃんと印税払って買うぐらいを読めたらいいかな、と思っていましたが、やはりこんな時の大人買いには古本屋さんがありがたい。

 

一条ゆかり先生は昔から大好きで、ほとんどの作品はもう読んでるけど、これだけまだ読んだことがなかったので、楽しみです。

 

 

ちなみに、オキエも昔は青木まりこ現象をよく引き起こしました。子供らによく「またぁ?」とか言われてた。普通の本屋さんでは大丈夫なのに、なぜか近所のBOOKOFFでだけ、そうなった。

※「青木まりこ現象とは何なのか」をここで書く勇気は、清く正しく美しく生きたい願望のあるオキエにはちょっと無理なので、そっとウィキ置いておきます。

 青木まりこ現象 - Wikipedia

 

BOOKOFF仕入れた山ほどの推理小説、探偵小説、怪奇小説のせいで、夜道恐怖症になったのも今となっては懐かしい思い出です。

 

中でも、綾辻幸人さんの「館」シリーズは本当に怖かった。トラウマになるくらい怖かった。でも最高に面白かった。まだ読んでない新刊も数冊あるので、読みたいけど読みたくない葛藤が、今も続いています。

 

 

あ、そういえば。

 

再び吉岡秀隆さん演じる金田一耕助さんが連続殺人事件に挑まれるのですね。

 

www6.nhk.or.jp

 

しかもまた、台風の夜に。

台風来りて風が吹く - 50女の遊び方

 

 

なんなん、この共時性

 

 

ま、マンガもテレビも停電しちゃえば全部見れないんですけどね。

 

 

そうなりゃひたすら神頼み。

 

 

雨の神様・風の神様、どうぞ、お手柔らかに。

奈良・風の神様と毘沙門天 - 50女の遊び方

 

 

 

 

 

 

 

サギと論語

 

 

マスカレードホテルのチケットが無事に確保できて、ご機嫌のオキエです。

宝塚歌劇団と向き合う - 50女の遊び方

 

 

今朝職場についてすぐの頃、携帯に一通のメールが送られてきました。

 

 

f:id:okie50asobi:20191009200021j:plain

 

最初は友達か誰かが携帯電話会社を変えたんだろうと思って「どなたですか?」と返そうとしました。

※実際名乗るのを忘れて「メルアド替えました~」とかメール送ってきた友人がこれまで何人もいたので。

 

それにしても、食事を誘う間柄の割には言葉遣いが丁寧で、相手の予想が全くつかなかったので、N氏に見せて相談していたところ、

 

横から20青年のキクちゃんが「あ、それ詐欺ですよ。前にめっちゃめんどくさい目に合いました。返信しちゃダメです。」と教えてくれました。

 

色々と調べてみたところ、返信したら「友達になろう」みたいに距離を縮めてきて、最終的に高額請求サイトに誘導されるみたいです。

 

ご注意を。

 

 

このように、若者のアドバイスが大変ありがたい年齢になりました。

 

そろそろ論語でいうところの「耳従う」時期に近づいているのですね。

 

 

論語

孔子と彼の高弟の言行を孔子の死後、弟子達が記録した書物である。

論語 - Wikipedia

 

子曰く、
吾れ十有五にして学に志ざす。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳従う。
七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。

 

まだ50やけど。

 

いずれはちゃんと耳従う可愛い60女になりたいわ。

耳従う:六十歳で他人の意見に反発を感じず、素直に耳を傾けられるようになる。

 

で、論語でいうところの50は何なのかと言えば、「天命を知る」。

天命を知る:五十歳になって、天から与えられた自分の使命を悟るようになるということ。

 

天から与えられた使命か・・・

 

私の使命はいったい何なんだろう。

でも最近、使命感とか全く薄く生きてるけど。

 

使命感からの解放、それが私の使命かしら。とか、思うほど。

 

たぶん「使命」なんてのは、自分で「使命」とか思ってる間は使命じゃないんじゃない。などと思ったりもする。しんどいだけならそんな使命捨ててしまえ、とも思う。

 

あぁ、この人はこういう「使命」なんだなぁ、と思える人って、それを使命とは言わずに思わずに、ただそれがしたい、それとひとつになって泣いて笑って怒って楽しんで生きてる、そんな気がする。

 

 

そうであるものと、そうでないもの。

その見分けがそこそこつくようになるのが50代かなぁ(余分なエネルギーがなくなるので)、とか、思ったりしています。

 

 

帰り道の天神川、えらい下手くそな鳴き声のカラスがいるなと電柱を見上げたら、コサギがいました。また高い場所に・・・

 

f:id:okie50asobi:20191009200032j:plain

 

こちらはフィッシング鷺さんですね。

 

魚さんが急いで要注意ブログを更新しているかもよ。

 

 

 

今日は「サギ」つながりで、10年ぐらい前に遭遇した「人情詐欺」のおっちゃんの話を書きたかったけど、めっちゃ眠いので日を改めます。

 

結果だけ書けばオキエは3,500円を騙し取られたのですが、まるで推理物の芝居を見せてもらっているみたいな真剣勝負の熱演とかけひきがめちゃめちゃ面白くて「もう騙されていてもいいや。面白かった芝居のお代や。」と思うレベルだったので、それは悲しいよりも楽しい思い出になっています。

※おっちゃん、最後は警察に捕まらはりました。

 

 

でも「面白い」で済んで、それはそれでありがたい事でした。

 

 

みんなで助け合って耳従い合って、 大難を中難に、中難を小難に、小難を無難に、うまくかわしていきたいものです。

 

そして天命を、おおいに楽しもう。

 

 

 

 

 

 

天丼からの父の思い出

 

やっと念願の天丼(天とじ丼ですけど)が食べれたオキエです。

 

f:id:okie50asobi:20191008210210j:plain

 

お寺のホテル、花園会館内にある和食のお店、花ごころさん。

妙心寺で和食ランチ 京料理 花ごころ | 妙心寺 花園会館1F - 個室座敷完備 団体旅行対応可

 

 

美味しいかった。

 

薄味の京都らしい料理が楽しめるお店だと思います。

 

 

今でも毎日録画してある「なつぞら」を見てるので、ずっと食べたかった天丼。

 

 

f:id:okie50asobi:20191008231140j:plain


ちはるの作った天丼を食べて、なつや咲太郎の両親の記憶がよみがえります。

 

涙・・・

 

 

天とじ丼を一緒に食べてたA子に「なつぞら本当に大好きだった~。」という話をしたら、「え~?なつぞらってどこが面白かったの?何も起こらないドラマだったじゃん!」と言われました。

 

 

え~・・・って・・・

 

こっちが「え~!」やわ。

 

 

「今回の(スカーレット)は面白そうだけど。かっこいい娘といいお父ちゃんで感動するよね。」と言うので、「いやもう大阪制作のは見たくないねん。ああいうお父ちゃんは見てるのがしんどい。私は柴田の父さんがいいの。」と返すと、

 連続テレビ小説「スカーレット」|NHKオンライン

 

「えええええ!あれってまるでオキエちゃんのお父さんの話かと思って見てるのに。」と言わました。

※A子は私の父に会ったことはありません。

※A子は関東出身です。

 

 

やっぱりね。

 

そうかもね。

 

わがままで自分勝手で頑固で意地っ張りで、でも愛嬌があって面白くて、真面目なのかいい加減なのかわからん「お父ちゃん」の感じ、めっちゃ親近感をおぼえるから嫌なのかも。

 

もちろんお父ちゃんの事は大好きなんですけどね。

 

なんだかね。

 

たとえばね。

 

忘れもしない1985年、今日負けなければ久しぶりに阪神タイガースが優勝する!!という日。

 

その日たまたま風邪ひいて熱を出してしまったオキエに「こんな日に熱出すとかありえへん!そんな奴はファンと違う!しんきくさいしあっち行ってこい!!」みたいなこと言うわけですよ。

 

こういうマインドがね。

 

もう嫌なの。

※多分けっこう根に持つタイプ。

 

 

でも・・・お父ちゃん。

 

今年のクライマックスシリーズ阪神ファーストステージ勝ちあがったな。

2019年度 セントラル・リーグ クライマックスシリーズ日程 | セ・パ公式戦 | NPB.jp 日本野球機構

 

ビックリやな。

 

明日からの巨人戦、ドキドキやな。

 

 

 

なんやかんや言うて、やっぱり面白かったけど。

 

なぁ、お父ちゃん。